特定技能介護求人センター/東海エリアを中心に特定技能・介護の求人情報が盛りだくさん

WM AGRI
担い手のご相談はこちらから

特定技能人材

特定技能外国人材を
活用しませんか?

特定技能制度について

2019年4月より「特定技能制度」がスタートしました。
これにより、一定の知識・技術と日本語の能力を習得している外国人が
「労働者」として日本で活躍できるようになりました。

Point特定技能制度のポイント

  • 技能実習とは違い、農作業を担う外国人は
    就労ビザを取得しているため、
    「労働者」として就農できます。

  • 日本で就労する外国人材は
    「技能実習2号・3号を良好に修了した者」
    または「一定の技能や日本語能力を
    有した者」です。
    そのため、既に一定の技能と
    日本語能力があります。

  • 在留資格「特定技能1号」として
    通算5年間の在留が可能です。
    日本人の従業員と同じ作業が行なえます。

弊社は、農業支援外国人材の受入れができる『 特定機関 』として、国からの
認定を受けており、農作業を行なうことができる外国人材を派遣することができます。
さらに外国人材の直接雇用を希望される農家様への支援を行なうことができます。
海外より外国人材を招聘し、直接紹介ができる許可を持った登録支援機関です。
2か月の短期スポット派遣から長期間の派遣まで
さまざまなケースに全国で対応することが可能です!

外国人材の直接雇用についても、
全力でサポート・支援をさせて頂きます!!

産地間リレーについて

特定技能外国人材を、産地が異なる各農家がリレー方式により、派遣/直接雇用を行なうことで
5年間の継続した同一人物の就農を実現することが可能となり、
安定した労働力(担い手)・季節労働者の確保ができる。

例)4~11月は長野県で、12~3月は愛知・静岡県で働く

受け入れを行うメリットMerit

  • 就農開始時より
    日本語が話せる

  • 日本で農作業の
    経験が3年ある

  • 入国制限などを
    心配しなくて済む

  • 翌年以降も
    5年間続けて仕事に
    来てくれる

  • 比較的安価で安定した
    労働力(担い手)の
    確保ができる